クラシックギター・マンドリン楽譜販売店 Mikky's Guitar-sheet Shop



 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l EDIT l top ▲
Marcin Dylla (マルツィン・ディラ)。

ポーランドのクラシックギタリストです。

1976年6月6日生まれ。1995年から2000年まで国立カトヴィッツェ音楽院にて Wanda Palacz に師事。さらに、オスカー・ギリア(バーゼル音楽院)に、S. Prunnbauer (フライブルク音楽院)に、Carlo Marchione (マーストリヒト音楽院)に続けて師事した。1996年から2007年までにヨーロッパやアメリカの国際ギターコンクールで19回もの1等賞を受賞した。



Guitar Recital マルツィン・ディラ ギター・リサイタル

 2008/10/08 発売  [ 商品詳細を見る ]

 <曲目>
 1. ロドリーゴ:スペインの野辺を通って
 2. タンスマン:クリャビンの主題による変奏曲
 3. ニコラス・モウ:ミュージック・オブ・メモリー
 4. ポンセ:ソナタ・ロマンティカ



動画はこちらをどうぞ↓↓↓
スポンサーサイト
2009.02.14 Sat l Marcin Dylla l COM(2) TB(0) l EDIT l top ▲
大萩康司さんの新譜の発売日は3月18日(?)です。予約しちゃいました。

今度のCDのテーマはアルゼンチンだそうです。

収録曲目は、

 『風の道 - アルゼンチン作曲家集(仮)』
 1. エル・チョクロ
 2. 老いた賢者
 3. 風の道
 4. コントラマレア
 5. 1-前口上(ギター・ソナタ)
 6. 2-スケルツオ(ギター・ソナタ)
 7. 3-歌(ギター・ソナタ)
 8. 4-終曲(ギター・ソナタ)
 9. ラ・トランペーラ
 10. プレリュード~南米組曲より
 11. 1-平原のタンゴ(5つのタンゴ)
 12. 2-ロマンティックなタンゴ(5つのタンゴ)
 13. 3-アクセントの利いたタンゴ(5つのタンゴ)
 14. 4-うら悲しいタンゴ(5つのタンゴ)
 15. 5-伊達男のタンゴ(5つのタンゴ)
 16. 酔いどれたち
 17. ブエノスアイレスの冬

CDのタイトルになっている「風の道」や「老いた賢者」はアルゼンチン出身のアリエル・アッセルボーンさんに委託された曲です。前々から聞きたいと思っていた曲です。

ピアソラの作品や、ヒナステラの「ギター・ソナタ」も期待です。

また、キネーシ作曲の「コントラマレア」は楽譜もってて弾こうと思ってた曲なのでこれも注目。

発売が待ち遠しい~


ヒナステラの「終曲~ギター・ソナタ」をどうぞ



『風の道 - アルゼンチン作曲家集(仮)』 予約はこちらでどうぞ。

にほんブログ村 クラシックブログへ 
2009.02.07 Sat l 大萩康司 l COM(0) TB(0) l EDIT l top ▲

クラシックギター練習曲集 初・中級編(模範演奏CD付) 課題別テクニックを習得する新しいアプローチ
商品詳細を見る

スコット・テナントの練習曲集、『Pumping Nylon』。

これは初・中級編向けの練習曲集です。

内容は、ジュリアーニの「右手のための120の練習」やカルカッシ、ソルなどの他に、アンドリュー・ヨークやブライアン・ヘッドの練習曲も含まれています。

非常に独習者向けで、細かい運指や注意が書かれてあったり、曲ごとに技術的なチェックリストがあったりします。実用的な一冊。模範CDもついてます。

アンドリュー・ヨークの曲は「Snowflight」っていう曲です。邦題は「舞い落ちる雪」で、木村大さんも弾いてたような気がします。

この曲は、ギター始めて2年目(の夏)にちょっとした発表会で弾いたことがあります。
難易度も高くなかったし、綺麗な曲でした。


著者 スコット・テナントはLAGQのメンバーでその中でも一番?の腕前です。
最近ダイエットに成功したみたいですね(笑)

動画をどうぞ、

『"Canción" by Carlos Rafael Rivera』


にほんブログ村 クラシックブログへ 

2009.02.04 Wed l Scott Tennant l COM(0) TB(0) l EDIT l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。